AGAの症状に気がつくきっかけが大事

薄毛対策をする時に最も大きな変化が出るのは、自分の薄毛の要因が関連しているのか判断する事です。育毛剤やシャンプー、サプリや食事習慣などの改善を試みても、AGAの症状が出ているのであればその効果は半減してしまいます。
全く効果が現れない場合もあるため、努力をしても薄毛対策の効果を高めるのはかなり困難であると思うようになってしまいます。しかし、男性ホルモンの影響を止める事ができれば、様々な育毛対策の結果が良い方向に向かいます。
この部分を分かるまでにかなりの時間を要してきており、生え際も後退してしまった状況があります。もっと早くAGAの症状に気がついて対策をしていれば、生え際が後退していない状態でキープできたかもしれないと考えています。